活動報告

[2008年08月10日]

なら燈花会に行ってきました

1999年に始まった燈花会は、世界遺産に囲まれた奈良公園一面にろうそくを並べ、幻想的かつ神秘的な雰囲気が演出され、奈良における夏の風物詩として定着しています。
春日野園地では、東大寺大仏殿の首尾を背景にまるで色とりどりの壮大な灯りのお花畑。今年は第10回を記念して、手塚治虫生誕80周年とのコラボレーションで“火の鳥”が舞い降りているようでした。
img0102.jpg
県庁の玄関前の様子です。今年から、県議会本会議場も見学できます。
img0105.jpg
県庁の屋上から見た興福寺五重塔と月
img0107.jpg
img0104.jpg

<< 前のページへ戻る