活動報告

[2008年01月29日]

暫定税率廃止に反対!

本日午後、知事室において荒井知事は公明新聞の取材に応じ、
今国会で問題になっている揮発油(ガソリン)税の暫定税率廃止に
反対していることについて説明をされました。
「奈良は道路整備が遅れており、基幹道路はインターチェンジを中心としたまちづくりが必要である。
また、幹線道路が無いので生活道路に侵入し影響を及ぼしている現状がある。暫定税率が廃止されると、道路整備が遅れ100億を超える影響が危惧される。」
img0062.jpg

 

<< 前のページへ戻る