活動報告

[2014年08月11日]

地域医療問題を考える「地方医療再生への処方箋」のセミナーに参加

自治体病院の現状や医師不足の問題などの課題について講義がありました。限りある医療資源をいかに地域住民とともに守り育てていくのか、重要な課題です。

また、高齢化が進む中で地域包括ケアシステムの取組みについても講義があり、自治体が積極的に取り組むことが必要であります。今回の講師である伊関友伸先生は、2008年に奈良県特別参与として仕事をされており、私も久しぶりにお会いさせていただきました 。

<< 前のページへ戻る