活動報告

[2013年04月30日]

第12回奈良県節電協議会に参加いたしました。

今夏における電力の需給状況の想定を踏まえ、県下一体となった節電の取組みを進めるために行われました。私は、県議会総務警察委員会副委員長として参加をいたしました。

今夏の電力の需要状況について関西電力から、想定需要2,845万kW(1日最大電力・H22年度並の猛暑)に対して、最低限必要な予備率3%となる、供給力2,932万kWを確保できる見通しとの説明がありました。

その後に、今夏の節電の取組みについて議論があり、過去における夏の節電目標に対して、奈良県では、▲9%節電が定着していることから、H22と比較して10%削減する事を目標に夏季節電キャンペーン(7月1日~9月30日 平日の9時~20時)を行うことを了承いたしました。

県では、平常時でも節電「ならライフ」をを行い、ライフスタイルを定着させることを目指していますが、「これまでの県民の皆様のご努力にに対し、感謝をさせていただく。」と荒井知事からの言葉がありました。

<< 前のページへ戻る