活動報告

[2012年08月11日]

第2回東アジア・サマースクール(「NARASIA未来塾2012」)

7月23日~8月12日までの21日間、東アジア各国の大学生・大学院生等を対象に、短期集中合宿型セミナーとして開講されており、今回は、海外からは中国、韓国、ベトナムと日本から38名が参加されています。 
本スクールを通して、若い世代の交流を一層活発化するとともに東アジア諸国の歴史や文化、政治経済、社会事情等の理解を深め、将来をともに考え、話し合える場や機会を提供することで、将来を担う人材育成につなげることを目的に行われています。
本日は、3週間の成果発表会、交流会、フェアウェルパーテイーが行われ、県議会議員を代表して参加させていただきました。
特に、第3グループの9名のメンバーの論文を講評させていただき、高齢者介護や環境問題など日本と共通した課題が取り上げられ、それぞれの考えで提案などがあり非常に参考になりました。できれば、また奈良で再開できることを願っています。

(交流会での発言シーン)
(受講生が発表した論文の講評をさせていただいたメンバーと記念写真)
(荒井知事と受講生全員で記念撮影)

<< 前のページへ戻る