活動報告

[2012年04月12日]

医療を中心としたまちづくりセミナーが行われました。

これからの少子高齢化社会の進展を見据え、だれもが住み慣れた地域で安心して住み続けられる「まちづくり」を行うためにはどうすれば良いのかについて、荒井正吾奈良県知事と有識者によるパネルディスカッションが行われました。

県立奈良病院の移転病院建設やその跡地利用について、さらには、橿原市内の県立医科大学付属病院周辺のまちづくりと南和の新病院建設など今後の奈良県にとりましては、大きな県政課題でありこれからも全力で取り組んでまいります。

<< 前のページへ戻る