活動報告

[2011年11月02日]

新生奈良研究会「野村忠宏氏」の記念講演会

「折れない心」をテーマに柔道家の野村忠宏氏を講師に講演会が行なわれました。

野村氏は、奈良県生まれの奈良県育ち。1996年アトランタ・2000年のシドニー・2004年のアテネオリンピックで3つの金メダルに輝きました。

「奈良で生まれて天理で柔道ができて良かった。関東に行かなくても本人のやる気と柔道ができる環境があれば奈良にいてもできるという事を証明したかった。奈良でとった3つの金メダル。奈良は自分を鍛えるには良い環境である。」と奈良への思いを披露されました。

柔道においては、「自分で決めた限界を破る事が大事。人間として人生のゴールは金メダルをとる事ではなく常に挑戦を続ける事」の重要性を語られました。

 

                       (3つの金メダル)

<< 前のページへ戻る