活動報告

[2011年10月24日]

第2回東アジア地方政府会合・日本アスペンシンポジュウムが行なわれました。

地域課題の解決に必要な地方政府、住民、企業のリーダーシップについて、東京大学名誉教授の本間長世(ながよ)さん、東洋英和女学院大学学長の村上陽一郎さん、国際日本文化研究センター所長の猪木武徳(たけのり)さん、一橋大学大学院教授の辻琢也(たくや)さんや荒井知事が参加されました。これから益々大きくなる地方の役割を考えさせられるシンポジュウムでした。

第2回東アジア地方政府会合・日本アスペンシンポジュウム [719.5KB]

PDF形式のファイルを開くためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お使いのパソコンにAcrobat Readerがインストールされていない場合は、左のボタンからダウンロードを行って下さい。

<< 前のページへ戻る