活動報告

[2011年08月02日]

大分県・宮崎県へ調査活動

奈良県が抱える県政課題について調査をいたしました。

1点目は、九州広域行政機構(仮称)について

現在、奈良県が参加していない関西広域連合と対比しながら今後の地域主権の在り方や

道州制などの課題を議論させていただきました。

 九州地方知事会事務局(大分県庁内)

2点目は、宮崎ソーラーウェイプロジェクトについて

東日本大震災後、特にエネルギー政策が問われています。奈良県も今年度中に県としての

エネルギー政策を取りまとめています。その中で、自然エネルギーが注目されている中、宮崎県

と都農町と国際航業株式会社の官民連携して取り組んでいるソーラーウェイプロジェクトを視察い

たしました。

「太陽の国」宮崎県の都農町にあるリニアモーターカー実験施設高架上に設置された、1メガワット

で、3.6キロメートルにわたり太陽光パネルが1万2520枚を縦列に配置されており、

本年3月23日に竣工されました。

  (宮崎県児湯郡都農町において)

国際航業株式会社、服部技術長(宮崎営業所)から説明を受ける

 

            リニアモーターカー宮崎実験線ガイドウェイに設置された太陽光パネル

<< 前のページへ戻る