活動報告

[2011年07月07日]

7月7日クールアース・デー

クールアース・デーとは、ライトアップに馴れた日常生活の中で、電気を消すことでいかに照明を使用しているかを実感し、地球温暖化問題について考え、低炭素社会への歩みを国民の間で共有し、意識転換を促す日であります。

今年は、環境省においても東日本大震災を受け、特に電力需要がピーク(最高)となる昼間もオフィスや家庭でのライトダウンを呼び掛けられております。熱中症への対策、夜間の治安等に配慮が必要でありますが、夏至の日である6月22日から8月31日までを対象に、「昼も。夜も。ライトダウン2011」として実施中で、クールアース・デーには全国で2万4千を超える施設が協力しています。
(ライトダウンされた、東塔)

薬師寺では、奈良県地球温暖化防止活動推進センターが主催でライトダウンイベントが、午後7時から行われました。

 (太陽光で充電しLEDで光る、ソーラーランタン)

<< 前のページへ戻る