活動報告

[2007年06月27日]

和歌山県立医大へドクターヘリを視察


img0006.jpg
畭県議会幹事長とともに、和歌山県が導入しています「ドクターヘリ」を視察いたしました。
公明党はドクターヘリの全国配備を推進します。ドクターヘリは“空飛ぶ救命室”とも呼ばれ、医師や看護師が搭乗して事故現場などに駆け付け、即座に治療に当たる救急システムです。半径50キロ圏内なら15分以内で現場に到着し、救急医療を行うことで、救命率を高めることができます。また、都市部にあっては渋滞に影響されることなく、さらには僻地・離島医療や災害医療、小児救急医療などの分野においても大いに活用できます。
奈良県においても一日も早い配備を目指し全力で取り組みます!


 

<< 前のページへ戻る