活動報告

[2007年08月15日]

近鉄奈良駅周辺にて終戦記念日アピール

本日、62回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族ならびに今日なお不自由な生活を余儀なくされている戦傷病者の皆さまに対し心からお見舞いを申し上げます。

8月15日は、すべての戦争犠牲者の方々に祈りを捧げ、「不戦への誓い」「平和への誓い」を新たにする日です。二度と戦争は繰り返してはならない――それが焦土の中から立ち上がった日本国民の心情でした。憲法には、軍国主義と決別し平和国家として出発した戦後日本の決意がうたわれています。戦後62年が経過し、戦争・被爆体験の風化が言われますが、私たちは、いま一度初心に帰り、人間生命それ自体を手段として扱う、戦争の愚劣さ、悲惨さ、残酷さを語り継いでいかねばなりません。

平和と人道の新世紀と期待された21世紀も、既に6年余が経過しました。しかし、世界に戦争と紛争は絶えることなく、また北朝鮮の核開発など核兵器の脅威は「核拡散」という新たな問題となって暗い影を落としています。核拡散による核テロの懸念も深刻化しています。被爆国・日本は、核兵器の非人道性と残虐性を世界に訴え、核廃絶へ強いリーダーシップを発揮していくべきであります。公明党は、核兵器の使用はいかなる理由があっても許されぬ「絶対悪」であるとの思想に基づき、断固たる決意で核廃絶めざし闘ってまいります。

img0019.jpg

<< 前のページへ戻る