トピックス ~大国正博から皆様へ~

2020年05月13日

県民の皆様へ

感染拡大を防ぐため、引き続き、「うつらない・うつさない」の徹底をお願いします。


大都市との往来自粛
 ○大都市への往来自粛をお願いします。
 ○県内から都市へ通勤されている方は、できる限り在宅勤務をお願いします。


  やむをえず大都市と往来されるとき
 ○うつりそうな場所への訪問を極力さけてください。 
 ○通勤途上、勤務先でのうつらない配慮を、可能な限り行ってください。


うつる可能性の高い施設への外出の自粛


 ○繁華街の接待を伴う飲食店など、うつる可能性の高い施設の利用自粛をお願いします。 


感染予防の徹底
 ○感染予防の「2つの徹底」をお願いします。
 (1)手洗いの徹底
   手洗いを丁寧に行うことで、十分にウイルスを除去できます。


   (2)接触しない、人と人との距離をとることの徹底
   「飛沫感染を防ぐための徹底した対策」が必要です。


他府県民の皆さまへ 
 ○お住まいの地域で、休業要請が行われている施設(遊興施設、遊技施設等)への府県境を越えての利用は控えていただきたい。
 ○他府県から奈良県への通勤者は、できるだけ「在宅勤務」、「奈良県内での勤務の場合、うつさない配慮」をお願いします。         


○次のような方は、「帰国者・接触者相談センター」に電話相談してください。


・海外渡航歴(特に流行地)がある方


・職場や旅行先等の状況で、新型コロナウイルス感染の不安がある方


・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている、強いだるさや息苦しさがある方で、まだ医療機関を受診していない方


(高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦の方は、前記が2日程度続く場合)


○発熱等の風邪症状がある方は、まずはかかりつけ医やお近くの医療機関に電話相談してください。受診にあたっては、


医療機関の指示に従い、マスクを着用するなどして受診してください。また、受診の際は、流行地に滞在歴があること


または流行地に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。
(奈良県HPより)

2019年12月02日

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

2020年は、我が国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年という記念すべき年です。


島根県と奈良県が当館と共同で展覧会を開催し、国内はもとより世界に向けて、日本の古代歴史・文化を発信いたします。


2019年04月23日

ヘルプカードが配布されます。

奈良県のヘルプカードができました。
ヘルプカードは、6月1日以降に県内市町村の担当窓口で受け取っていただきます。
ヘルプマークの小学生用の学習パンフレットもあります。
周知に努めてまいります。


2019年03月29日

「女性視点の防災ハンドブック」が完成!

各ページに音声コードを掲載し、視覚障害者等も含め、より多くの方に読んでいただけるよう配慮されています。また、「奈良県防災アプリ」でもご覧いただけます。